josymyspace josyfacebox josymobile

Site search

『TO THE LIGHT』〜「TO THE LIGHT」セルフライナーノーツ〜

やあ、やってきたか12月よ。

 

またまたCUMIです。あれっ、またかよ!って聞こえるなぁ〜。

まあ、そう文句言うんじゃないよ。

 

そんな目で見たら、わてかて、いつものコラム的な小話抜きにして

本題いっちゃうんだからねェ?!

 

(最近意気消沈するような寒さですが、頑張って温度あげていきましょう、お互い。)

 

 

4曲目のこの曲は、このアルバムのタイトルにもなっていますが、

 

いまのJOSYのどやっとした部分を、最高の状態で真空パックしたような曲だね。

 

mamiが持ってきた変なフレーズ(仮の曲名「変なリフ」でした)と構成に、どんどんみんなが入り込んで出来上がっていったんだけど

 

サイケで遊び心があって、演奏していてもスリルがあって楽しい!

 

ドラムの踊らせるリズムも、ベースのフレーズも、踊り狂ったようなキーボードも最高で、全部が歌のテンションになっている。

 

これぞ、バンドって感じがして、ライブでもよく演る。

 

サビのメロディーがすでに出来ていて、何だか雄叫びみたいな響きだったから、そのまま歌詞なく歌いたいねという話から

 

大胆に、ほとんど歌詞という歌詞がありません。言葉遊びしかしていない。

 

 

唯一のメッセージは、サビのメロディーで何かに導かれるような、光を感じて

 

ただひとつ。”DO YOU SEE THE LIGHT?” (君は光を見たか?)

 

あとはスラング使ってみたり、ラップのように喋ってみたり、もう遊び放題だね。

 

この歌詞をかいている時は、「ブルースブラザーズ」と「テルマ&ルイーズ」の世界に入り浸っていたから

この2つの映画の情景が浮かんだら、さらに”DO YOU SEE THE LIGHT?”の意味も、

曲中喋くってる女のイメージもひろがってくるはず!!!

 

 

レコーディングもこれは色んなものを重ねて楽しかったな〜!

 

サビとか実はキラキラキラキラ光がまばたいているような音が入っているのよ、気づくかな?

 

mamiはこういうイメージの音をアドオンする才能に長けているんだよねぇ。さすが!

 

どっかの女が喋り出す部分では、何人かのnanohanaが色んな変な楽器で遊んでます(笑)

 

その後のドラムソロでは、もう色んな音が交差して、ひどい交通渋滞になっています。

 

これはつくってる最中、最高にテンションあがりました。ライブでもこれくらいクラッシュしたいね!

 

 

この曲ではmamiとnonがライブでも笛を吹いているのですが、

 

そのレコーディングが面白くて、声を枯らして笑いました。

 

私とnanohanaは別部屋のモニターでその様子を見ていたんだけど

 

2人ともマイクの位置上、キレイに部屋の隅と隅に立たされていて、

 

A型の几帳面な生真面目さが出たのか、2人ともものすごく真剣に腕を大きく振ってカウントとって同じ箇所を吹いていて

 

途中2人とも同じ箇所で首かしげたりしていて、その様子が二羽の鳩みたいで最高だったのでした。

 

笑いすぎて、私はBosom Buddyのコーラス録り、割と声ガラガラですからね。楽しげなコーラスで良かったよ。

 

 

 

こんな感じでレコーディングも賑やかに、魂を吹き込みました。

 

 

 

 

 

 

 

12月16日(日)の予定は、JOSYでお願い!

 

今日はこれにて、ばははーい!